2009.2 toni, 打ち豆の平パンを食べる!
こんにちは!しばらくお休みしていましたが、お元気ですか?今年の目標に向けて、たくさんの笑顔とともに歩んでいきたいものですね。
2009年、あっという間に過ぎ行く2月がやってきました。これを書いているのは節分の日なので、今夜は太巻きを作る予定です。ただし変わり者のtoniですので、普通の恵方巻きを作る気はさらさらないのです。こうして私の息子は、日本のスタンダード(標準)を知らずに成長してゆくのでしょうか(笑)。まあ将来、伝統的な日本食とかをよく知ってる女性とめぐり合って結婚するかもしれないし、今しか味わえない母の味を楽しんでいただくべく、日々精進するtoniなのです(いや、ただのグータラだろう?)。

今月の季節のパンもおいしそうですね。春待ちのパンたち。打ち豆はtoniの大好物の一つです。豆を料理に使うには一晩水に浸けたあとコトコト弱火で長時間煮込まないと柔らかくならないなどの困った一面を、先人達は『打ち豆』にすることで解決しました。打ち豆は、すぐ火が通るように工夫された食材なのです。素晴らしい知恵ですよね。知恵だけでなく、わざわざ打っていることで、食感や味にも変化があるなんて、限られた食材を、少しでも楽しもうという、「いのちへの感謝」を感じます。
そんな先人達の創意工夫がこもった打ち豆が入ったameen’s ovenの平パンは、口に含んだ瞬間、「豆ご飯?」と思うほどの和テイスト!一目ぼれならぬ「一口惚れ」しました。
そんな打ち豆平パンに合うレシピを考えてみました。酒種パンということなので、ちょっぴり酒粕の登場です。


1. 春待ち野菜の酒粕風味グラタン
e0137447_1423436.jpg


材料(4人分)


バター 40g 
吟醸酒粕40g(大さじ2) 
小麦粉40g 
豆乳 360cc 
玉ねぎ 小1個 
コンソメ1個 
塩・胡椒 適量 
ローリエの葉1枚
ブロッコリー 1個 
人参 小1/2本 
蕪 1個 
蓮根 5cm 
とろけるチーズ 30g
パセリ 少々

作り方 ※全て弱火で作業してください。

1.鍋にバターを落とし、溶けたら玉ねぎとローリエを入れて軽く炒める。

2.小麦粉を加えて玉ねぎにからませるように炒め、なじませる。

3.焦げないうちに豆乳を少量ずつ加え、途中、トロリとしたら酒粕を入れる。
酒粕をつぶしながら、さらに豆乳を少量ずつ加え、沸騰寸前(豆乳が分離しないように注意)でコンソメを煮溶かし、塩・胡椒で味を調える。

4.ブロッコリーは一口サイズの小房に切り、芯部分は皮をむいて1cm角切り。蕪は1cmのスライス。人参は薄めの乱切り。蓮根は1cmの厚さにスライスし、串切りして酢水に15分ほどさらす。すべての材料をそれぞれ少し固めの仕上がりで、蒸し器で蒸しておく。ブロッコリーは特に火を通し過ぎないように注意(オーブンで焼く間に火が通り過ぎると腸にガスがたまる原因になります)。

5.グラタン皿に油をうすくぬり、⑤を並べ、④を回しかけ、上にとろけるチーズを散らして、オーブントースターで13~15分または、210度のオーブンで15~20分、チーズに焦げ目がつくまで焼く。

6.パセリ、麻の実(なくても可)などを散らす。


2. テンペのサテ
e0137447_1423488.jpg


材料 (4人分)


◆テンペの下味:
米酢 1/4 カップ 
薄口醤油 1/4カップ 
みりん 1/4カップ 
生姜 小さじ2 
にんにく 1片  
テンペ 200g  
片栗粉 少々 
揚げ油少々

◆サテのソース:
たまねぎ 小1/3個  
生姜 小さじ2 
塩 小さじ1/4
油 大さじ1
にんにく 2片  
カレー粉 小さじ2  
ターメリック 小さじ1/2 
水 1カップ
生カシューナッツ 大さじ2  
レモン汁 大さじ1 
濃い口醤油 小さじ1
エリンギ 2本 
長ネギの白い部分 20cmくらい

※サテのソースの量はこれ以上少ないとミキサーが回らない可能性があるため、多めに設定しています。余ったら冷凍保存したり、カレーの味つけにしてもおいしいですよ。

作り方

1.テンペの下味用調味料を作る。生姜はすりおろす。にんにくはつぶす。米酢、薄口醤油、みりん、生姜、にんにくを混ぜ合わせ、2cm角に切ったテンペと、1.5cmくらいに輪切りにしたエリンギを10分漬け込む。テンペは片栗粉をまぶして、中温(160-170度)でカラリと揚げる。エリンギと、2cmにカットした葱をそれぞれ網またはフライパンで炒める。

2.サテのソースを作る。たまねぎはスライス。生姜とにんにくはみじん切り。フライパンに油を温め、たまねぎ、にんにく、生姜を香りが出るまで炒める。たまねぎが透き通ったら、ターメリック、カレー粉を加え、さらに2分ほど炒める。水を加えて沸騰したら火からおろして少し冷ます。

3.2. の粗熱がとれたら、ミキサーに入れ、塩、カシューナッツを加えて滑らかなペースト状にする。ボウルにうつしてから、レモン汁を加えてよく混ぜる。

4.1. とエリンギ、葱を交互に串に刺して皿に盛り付け、ソースを添える。
※ 生のカシューナッツが手に入らない場合は、ローストカシューナッツを30分熱湯につけて塩抜きする。



おいしい平パンと一緒に楽しんでいただけると光栄です。ではまた!!


■ ■ ■ ■ ■


ワークショップのお知らせ
月・遊びの宵「新月の集い・魚座」のご案内
~食とアートを通して感じる、月と女性性をテーマにしたワークショップ~

新月は新たなことを始めたり、願い事を実現するために必要なエネルギーを与えてくれます。
2月の新月は魚座にあります。魚座は12星座、最後に位置する星座です。
次の牡羊座からはじまる新しいサイクルに移る前に、いままでのすべてを統合し、不要なものを洗い流していく星座です。
新しい自分になることを妨げている不要なものを、手放す勇気を願いましょう。
また、すべてをあるがままに引き受け、赦し、自他ともに愛する力を引き出します。
逆にいきすぎた一体化、依存からの解放の願いにも適しています。
月のエネルギーを借りて、アートワークで今の自分自身を味わいながら新たな次の一歩へと踏み出しましょう。

開催日: 2月 25日 (水)18時~21時(夕食がつきます)
費 用: 5,000円(画材、食事代込み)
会 場: JR元町駅東出口南へ3分 (お申し込みの方へ地図をお送りいたします)
ファシリテーター:アートセラピスト森すみれ / フードアーティスト 谷裕子(toni)

お申し込み先: アーツ・コミュニケーション・ラボ
658-0072 神戸市東灘区岡本1-5-5-503
Tel&Fax:078-411-3923 Email: mori@a-c-lab.com
URL:http://a-c-lab.com
[PR]
by ameensoven | 2009-02-08 09:50 | Recipe
<< 2009.3 toni, イン... 2008.11 toni, ロ... >>


Link
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
toni's profile
Top