2008.7月 toni, ビオ・ミッシュを食べる!
みなさま、こんにちは!

野菜や果物がみずみずしい夏がやってきましたよ。今年の夏のご予定は??海とか山とかキャンプ、夏のライブとか?何が待ってるかな?楽しみですねえ。ところで、今年の8月は新月が二度来るそうです。新月といえば、祈りや何かを始めるのに最適だそうですね。ダイエットとか、新しい習いごと、髪を切るとか、新しい分野の本を読んでみるとかね。私も毎月、新月の日にはお祈りをします。これが思い返してみると、結構叶っているのだよー。お試ししてみない?
レシピの最後に、8月1日と31日の新月の日に開催する「食とアートのワークショップ」のお知らせをご紹介させてくださいね♪


夏の野菜といえば、トマト、茄子、カボチャ、胡瓜、とうもろこし・・・などなど。今月はとうもろこしと、そうめんかぼちゃ。そうめんかぼちゃは、ここ数年市販するところもちらほら。シャキシャキした歯ごたえが涼しげです。食べたことないし、使い方が分からない・・・って人も、チャレンジしてみない?意外と簡単だし、美味しいよ。
とうもろこしといえば、先日、通販で「生で食べるとうもろこし」というのを発見しました。会社の女子社員たちで共同購入してみました。1本○百円もしました!ちょっと贅沢な値段でしたよ。息子と半分コしてガブリ!!水しぶきが飛び散るほどの水分でした。
実は、生のとうもろこしと銘打って、わざわざ売られてるってのが、私には少し不思議でした。本来、もぎたてのとうもろこしならば、生が1番美味しいのです。カナダの山の中でお料理をしていた頃、たくさんのお野菜を作っていました。炎天下の下で収穫したとうもろこし。その場で皮をむいてかぶりつくと、みずみずしくて甘い!また食べたいなあ。もぎたての野菜の甘味を味わえる暮らしを求める人が、これから増えていくかもしれないね。

さて今月はビオ・ミッシュ。軽くトーストしたビオ・ミッシュには、噛むとほんのり酸味が感じられて、とってもシンプルだけど上品なお味だね。そこで二つのレシピを考えてみました。


1.コーンの冷たいスープ




材料 4人分


とうもろこし 3本
生クリーム(または牛乳、豆乳) 200cc
牛乳 400cc
にんにく 1片
塩 小さじ1
えび 8匹
生のコリアンダー(香菜) 少々
オリーブオイル 大さじ1
グリーンぺッパー(なければ白胡椒) 少々
一味唐辛子 少々
緑のタバスコ (なくてもOK)適量

作り方

1. とうもろこしは皮とひげを取り、包丁で実をそぎ落とす。

2. とうもろこし、生クリーム、牛乳、にんにく、一味唐辛子を鍋に入れて中火にかける。沸騰してきたら火を少し弱めて、混ぜながらとうもろこしが柔らかくなるまで煮る(約20分)。火からおろして10分ほど冷ます。

3. ミキサーまたはフードプロセッサーでなめらかに混ぜる。塩、グリーンペッパー、緑のタバスコで味をつける。

4. えびは塩をふって軽くもんでおく。ペーパータオルなどで水気を拭き取る。フライパンにオリーブオイルを中火で温め、両面にきれいな焼き色をつけながら火をとおす。

5. スープ皿に3.を注ぎ、4.のえびとコリアンダーをかざる。



2.金糸瓜のパスタ・ジェノベーゼ風




金糸瓜(きんしうり:錦糸瓜とも書きます):俗称は素麺かぼちゃ。ウリ科カボチャ属のペポカボチャの一種で、ズッキーニなどと近い仲間です。不思議に均一な細さの繊維状にほぐれます。不思議な野菜です。シャリシャリした歯ごたえで、麺つゆや三杯酢とよく合います。加熱しても歯ごたえがなくならないので、とても便利。夏らしく涼しげな色と味わいです。今回は低カロリーのパスタ代わりに使ってみます。

材料 4人分

素麺カボチャ 中1個
黒オリーブ  少々
マッシュルーム 生8粒
青ネギ    2~3本
赤ピーマン  1個
トマト    1個
塩コショウ  少々
エキストラ・バージンオリーブオイル 大さじ2

■ジェノベーゼ・ソース
バジル(生葉) 50g
エキストラ・バージンオリーブオイル 1/3カップ
松の実 20g
塩   小さじ1/4
にんにく   1片

作り方

1. かぼちゃは縦半分に切り、大きめの鍋にかぼちゃがひたひたになるほどの水を入れて、水から25~30分茹でる。かぼちゃが浮いてしまう時は、落とし蓋をして、ムラなく火が通るようにする。(塩は不要)

2. フォークを刺して、スッと通ったらOK。

3. 2.を氷水に移し、冷やす。(茹でることで繊維が出てスパゲティみたいになる)粗熱が取れたら、ワタを取り除く。(このワタは、かぼちゃの茹で汁と一緒にミキサーにかけてスープに使うといいですね。甘味が出ますよ)

4. フォークで3.のかぼちゃの身をこそぎ取る。ザルにあげて、余分な水気を切る。

5. ジェノベーゼ・ソースを作る。すり鉢に全ての材料を入れてするか、またはフードプロセッサーで混ぜ合わせる。塩味は好みで調整する。

6. ボウルに4.を入れ、5.を加え、全体にソースを絡ませる。塩で味を整える。

7. 皿に盛り付け、みじん切りした黒オリーブ、赤ピーマン、トマトなどを散らす。

8. 胡椒をふりかけて、オリーブオイルをまわしかける。


■ ■ ■



◆お知らせ
「食とアート:月と女性性をテーマにしたワークショップ Vol.2」

何かを始めたい、願い事を叶えたい、そう思いながらも日々の暮らしに終われていませんか?
新月は、新たなことを始めたり、願い事を実現するために必要なエネルギーを与えてくれる日です。新月のエネルギーをとりいれながら、自己実現への一歩を踏み出してみましょう。

新月から満月へ、そしてまた新月への繰り返す月のサイクルにあわせて、いらないものを手放し、さらに新たな自分へと変化していくプロセスを3回のワークの中で進めていきます。

*絵を描いたり、アートが苦手な方でも安心してご参加ください。楽しみながら自分自身を感じていただけます。

日時:第1回 7月3日(木) 18:30-21:00
   第2回 8月1日(金) 18:30-21:00
   第3回 8月31日(日) 11:00-16:30
*第1,2回は夕食、第3回は昼食がつきます。

参加費:第1回と2回 各回4,500円、第3回 7,500円 
    3回通し 15,000円(各回食事代込み)

お食事は、お野菜のヒーリングフード by Toni

会場:神戸市中央区 JR元町駅東出口南へ3分
   (御申込みの方へ地図をお送りいたします)

ファシリテーター:アートセラピスト 森すみれ/フードアーティスト 谷裕子(toni)

お申込み先:FAX 078-411-3923 E-mail:heal@musehouse.net

プロフィール:
アートセラピスト 森すみれ
薬剤師として病院勤務後、カラーコーディネーターとなり、カルチャーセンターや専門学校などで色彩検定・色彩心理の講師として活動。震災後のボランティアをきっかけにアートセラピーに取り組み、1998年より子どもや大人の自由創作スペース「ミューズハウス」を主宰。また、病院や学校での実施経験をもとに、2006年からアーツ・コミュニケーション・ラボ(研究所)を立ち上げ『アートの持つ癒しの力』を多くの人に伝え、アートセラピーを深く学べる講座を展開中。
「クリエイティブ・アートセラピー研究会」入門講座・関西一期生。日本描画テスト・描画療法学会、日本色彩学会会員、日本トランスパーソナル学会会員。

フードアーティスト toni
「作る事、食べる事」で人が安心して語り合える場の創造を目指す。現在執筆活動中。「流れ板ト二ー」の愛称を持ち、「こころ・からだ・食」のトータルケアを学ぶ放浪を続ける冒険料理人。幼少期から、気功・指圧・導引・読経・写経などを父親に教えられる。1999年、自身の性被害のトラウマの癒しを求め、アメリカのユタ州ソルトレイクシティでNLP(神経言語プログラム)セラピーを受けたのがきっかけとなり、からだを感じてトラウマを解放するさまざまなワークを学ぶ。2005年アメリカ・カリフォルニア州オークランド在住のシャーマン、ココモン氏に出会う。アフリカの太鼓ジャンベを使う瞑想を教わり、2006年12月から日本でジャンベ瞑想とヒーリング・フードの会「ココモンクラブ」を始める。
[PR]
by ameensoven | 2008-06-30 22:48 | Recipe
<< 2008.8  toni、パン... 2008.6月 toni, イ... >>


Link
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
toni's profile
Top