2008.6月 toni, イングリッシュ・マフィンを食べる!
こんにちは!
今年もはや6ヶ月が過ぎましたね。皆様の半年はいかがでしたか?そして残りの半年、どのように過ごされるのかしら。楽しみですね。

5月末は大阪で「さをり織り」を教えておられる方とご一緒させていただき、「織りと食のワークショップ」を開催いたしました。五感を目覚めさせよう、というのがテーマでしたので、素材そのままを一つ一つ味わっていただいたき、塩やソースを加えることで、変化する味を「見る、匂う、感じる、聴く、味わう」体験をしていただきました。

このレシピが更新される頃、私はサンフランシスコに居ます。通訳のお仕事があり、行かせていただくことに。

さて!今回のレシピです。ameen's ovenに5月から新登場の『イングリッシュ・マフィン』かわいー!!この形が大好きです。さっそく一口・・・もぐもぐ・・・う~♪小麦のお味が優しくて、コーンミールの「ぷつぷつ感覚」と甘味が効いてます。これには何が合うかな~?長老、教えてくださいませませ。

6月の旬の野菜といえば、梅、枝豆、きゅうり、トマト、ズッキーニ、ゆず、蓼、みょうが、じゅんさいなどがあるようです。大阪では5月中旬くらいから、青梅やらっきょうがお店に並んでいました。私も今年は初のらっきょう漬けに挑戦中です。できるかな~。

今月はズッキーニを選んでみました。日本でよく見るのは皮の緑がきれいなお野菜。黄色もあるんだよ。Summer squash と呼ばれるウリ科かぼちゃ属。胡瓜っぽい外見ですが、かぼちゃの仲間です。水分が豊富ですので、茹でて絞ると濡れ布巾みたいに水が出てきます。淡白なお味で、マヨネーズにもトマトソースにも良く合います。今回はズッキーニで 1. カラフル野菜のスープマリネと、2. ズッキーニ・パティのオープンサンドを作ってみましたよ。



1. カラフル野菜のスープマリネ
e0137447_23512060.jpg



材料 4人分

ズッキーニ 1本
玉ねぎ   中1個
サラダ用の水煮豆ミックス(なければ大豆水煮)200g
人参    中1本
パプリカ(赤・黄あれば) 各1個
にんにく  1片
ローリエ  1枚
オリーブオイル 大さじ2
塩     小さじ1/3
コリアンダー(ホール) 小さじ1/4
粗挽き胡椒 小さじ1/5
酒     大さじ2
ワインビネガー(赤、白どちらでも可) 大さじ2
ベジタリアンブイヨン 1個※(詳細は本文最後)

作り方

1. にんにくは皮をむいて、包丁を横にして押さえ、軽くつぶす。玉ねぎは2cmの角切り。人参は乱切り。ズッキーニは少し大きめの乱切り。パプリカは縦半分に切ってヘタと種を取り、斜めに三角形のように切る。この切り方、なんて呼ぶのかな?写真を参照してくださいませ・・・。

2. フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを入れて弱火でじっくりあたため、にんいくの香りが出てきたら中火にして玉ねぎを5分炒め、人参とズッキーニと塩を加えてさらに3~4分炒める。パプリカを加えて1分炒め、酒を入れて10秒ほど強火にしてアルコールを飛ばす。水150ccを加え、豆ミックス、ローリエ(軽く折り目を入れる)、コリアンダー、ベジタリアンブイヨンを加える。沸騰したら弱めの中火で蓋をして5~7分煮込む。ズッキーニと人参に完全に火が通ったら、塩胡椒で味を整え、火を止める寸前にワインビネガーを加えて、ざっと全体に酢をからませて火を止める。

その日にも食べられるが、冷蔵庫で2日寝かせた後が1番美味しいです。

e0137447_23555261.jpg※ベジタリアンブイヨンとはこういうものです(写真参照)
これ、ドイツ認定のオーガニックで、私はアメリカに行くと必ずたくさん買って帰ります。とても役立ちますよ。溶けやすいし栄養もあり、優しいお味です。日本でも販売されているようなので興味のある方は探してみてくださいね。


2. ズッキーニ・パティのオープンサンド
e0137447_23515266.jpg


材料 8枚分

ズッキーニ2本
パプリカ 2個
木綿豆腐 1丁(250g)
小麦粉  大さじ6
パン粉  大さじ4
塩    小さじ2/3
胡椒   少々
醤油   小さじ1
ターメリック 小さじ1/4
コリアンダー(粉)小さじ1/4
オリーブオイル 適量

サンド用:
アボガド 1個
トマト  1個
豆乳マヨネーズ(作り方は5月の1. そらまめとじゃがいもの豆乳マヨネーズサラダを参照)または市販のマヨネーズ
チャービル

作り方

1. 綿豆腐はまな板二枚に挟んで重石をするなどして、しっかり水切りをする。

2. 大きめのボウルに1.の豆腐を入れて、手でつぶす。

3. 2.にズッキーニをすりおろしながら加える。

4. ズッキーニから、かなり水が出るので、中身を手のひらで押さえ、ボウルを傾けて水分を鍋などに入れる。
※この汁は甘味があり、美味しいので、スープなどに使えますよ。

5. 4.に塩、胡椒、ターメリック、コリアンダー、醤油を加えてよく混ぜ、小麦粉とパン粉も加えて練る。

6. パプリカは1cmの輪切り。内側に小麦粉(材料外)を軽くつけて、5.の生地を詰める。

7. 両面にパン粉をつける。

8. フライパンにオリーブオイルを多めに入れる。弱めの中火で両面をカリっと焼く(約8分)

9. イングリッシュ・マフィンを横半分にスライスして、好みで軽くトーストする。マヨネーズを塗り、3mmくらいにスライスしたアボガドを並べ、同じくらいの厚さにスライスしたトマトをのせ、パティをのせ、チャービルを飾る。

冷めても美味しいですよ。手前の写真は上記9. のアボガドとトマトを刻んでトッピングしました。


このレシピを思いついたのは車を運転している時でした。ズッキーニのパティは、パプリカ無しでそのままハンバーグみたいに焼こうかな~って思っていたのですが、かわいいマフィンにはかわいいパティが合いますよね♪
もちろんオープンサンドにしなくっても挟んでパクリ!でもどうぞ。ヨーグルトとか、練りゴマをつけても美味しいですよ。ぜひお試しください。また感想を聞かせてくださると光栄です。


■ ■ ■


今回はちょっぴり宣伝をさせてください。6月21日は夏至です。夫婦岩で有名な伊勢二見浦では「夏至祭」が開催されます。この時期、二見浦では、夫婦岩の間から日の出が見えるとか!見てみたいものです。

さてこの日、二見の古い旅館をそのままにした素敵な藍織作品のギャラリー&和カフェ「藍織成(あいな)」さんにて、禅の修行僧が使う器の作法を習う会と精進料理講習を開催します。この作法はお茶の作法の原点とされているそうです。

「食べること=いのちをいただく=生きること」について、わが師匠である禅僧:柿沼忍昭和尚(かきぬま にんしょう)から学びます。和尚のユニークなエコトークはもちろん、永平寺で修行された和尚から、精進料理を教えてもらえる楽しい一日です。お料理を作ること、いただくことの喜びを、ぜひ体感していただきたいです。

『食禅(じきぜん)~器から禅を学ぶ~』
◆日時:2008年6月21日(土)11時~20時(2時半~4時半は休憩になります)
◆場所:ぎゃらりー&和カフェ 藍織成(あいな)(伊勢市二見町茶屋231-5)
◆「応量器とは?」・作法習得・食事・柿沼忍昭和尚による精進料理手引きと講話
◆参加費:12,000円(永平寺修行定食付き・昼夕二食)

詳しくはこちらへどうぞ↓
http://sq-life.jp/event/003420.shtml


また来月まで、チャオ~☆
[PR]
by ameensoven | 2008-06-02 23:10 | Recipe
<< 2008.7月 toni, ビ... 2008.5月 toni, い... >>


Link
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
toni's profile
Top